本文へスキップ

ブログ 論外なおちゃん

論外日記ブログ編はこちら

論外日記2013年1月〜

論外日記とは

このページはインターネット販売や秋葉原のPCパーツ販売店などでの散財を綴った不定期な日記です。ジャンクなパソコンアイテムを買って失敗した話や、論外な製品を評価します(^^;ほぼ散財自慢?です。

NEC Aterm WG2600HP3 PA-WG2600HP3 IPv6(IPoE)対応11ac無線ルータ

前回、NECのルータを買ったのは丁度5年前でした。11acがまだ正式規格では無い出始めの頃で、その後ASUSのRT-AC87Uに変えましたが、NECのルータは設定が簡単なので良いと思います。
今回は、 IPv6(IPoE)のHighSpeedに今後対応するとのことでしたので思い切って購入しました。無線アクセスポイントとしてRT-AC87Uと比較しましたが、そこそこの速度が出ています。既存ルータからの置き換えも、順調で外部からの接続やPCやスマホのSSID変更設定もあまり問題は起きませんでした。
発熱も4X4のデュアルバンドにしてはあまり感じません。

Wed, 04 Jul 2018


Samsung M.2 SSD 970EVO 1TB MZ-V7E1T0B/IT

常にSSD界で最速を目指すと言われるSamsung SSD 970EVO M.2シリーズ 1TB 型番:MZ-V7E1T0B/IT買って見ました。5万円越えという価格でしたが、ドスパラで300円分の値引きポイント付くので購入しました。「SSD 970 」シリーズは、PROとEVOがあり、今回はEVOを購入しました。PCI-Express3.0(x4)インターフェースに対応したM.2 2280フォームファクターのSSDでNVMe1.3の採用により、シーケンシャルリードは3400MB/s、同ライトは2500MB/s、ランダムリードは50万IOPS、同ライトも45万IOPSを実現しています。最新V-NANDにより耐久性・信頼性も向上、1TBモデルでは600TBWまでの書込を保証していて、5年保証です。
メモリチップはSamsung製64層V-NAND 3bit MLC(TLCタイプ)64層3D NANDが採用されています。TLC NANDは上位モデル970 PROに採用されているMLC NAND(2bit)に比べて書き込み性能で劣るため、TLC SSDでは搭載するNANDフラッシュメモリーの一部をSLCキャッシュとして使用し、見た目の書き込み性能を底上げする機能が採用されていますが、970 EVOではこのキャッシュ機能を強化し、必要に応じてSLCの領域を増減する「Intelligent TurboWrite」機能が採用されています。

早速、MSI X370 XPOWER GAMING TITANIUMのM.2スロットに接続して見ました。X370はPCIe Gen3x4接続でシーケンシャルリード速度は公称値の3400MB/sを超えています。
画像をクリックすると、起動ドライブにした後のCrystalDiskMarkに変わります。

Fri, 11 May 2018


StarTech.com  SV231MDPU2

StarTech.comと言うあまり訊かないメーカーのCPU切替器で2 台のパソコンを 1 台の Mini DisplayPort 対応ディスプレイ、1 台の USB キーボード、1 台の USB マウス、1台のUSB機器ーで使用するためのスイッチです。この製品はキーボードのホットキーでの切替と手元スイッチの切替に対応しています。USB機器の相性もなく、StarTech.comのホームページでは日本語のマニュアルも降下されています。
何故、今頃CPU切替器かというと下記で、ゲーム用PCを構築しAPANNEXTの27インチディスプレイでWQHD(2,560×1,440ドット)の高解像度と144Hzの高リフレッシュレートが切り替え可能なKVM製品がHDMIでは難しいためDisplayPort 1.2対応のSV231MDPU2にしました、なおDP製品も有りますがこちらは4K(30kHz) のため、あえてMini DisplayPort 4K(60kHz) 対応にしています。  

Sun, 23 Fri 2018

AMD AMD Ryzen 7 1700X (16M Cache 3.4GHz)TDP95W

ZIGSOWのプレミアムレビューに当選しAMDのZenマイクロアーキテクチャCPU「AMD Ryzen 7 1700X」入手しました。
久々のAMD CPUです。レビューの詳細は、ZIGSOWのサイトを見てください。 今回の 1700XパッケージにはCPUクーラーは付属していません。CPUクーラはScytheの虎徹にソケットAM4用マウンタを別途購入し取り付けました。 Ryzenはコードネーム "Summit Ridge"(サミットリッジ)と呼ばれ、これまでのFX series(“Vishera”)の後継となります。

その他の主なスペックは、2次キャッシュ4MB(512KB×8)、3次キャッシュ16MiB、TDP95W。なお、クロック倍率ロックフリーとなっています。

Processor Number: 1700X
Cores:8 Threads:16 Clock Speed:3.4 GHz Boost 3.8 GHz
Lithography 14 nm Max TDP 95 W
と言うところです。

Sun, 11 Feb 2018


MSI製X370マザーボード「X370 XPOWER GAMING TITANIUM

AMD Ryzen 7 1700Xのレビューを行うためMSIのX370 マザーボードX370 XPOWER GAMING TITANIUMを買いました。X370 XPOWER GAMING TITANIUMはCPUまわりの電源回路が強化されており、メモリー回路の最適化により、オーバークロックにも耐えられる高信頼性設計を実現しています。さらに、AMDの第7世代APU“Raven Ridge”やAthlonにも対応したユニファイドプラットフォームを採用し、「Ryzen」との組み合わせでは、最大32Gbpsの転送速度となるPCI Express 3.0 x4接続のTurbo M.2やTurbo U.2に対応するほか、USB 3.1 Gen 2対応のUSB Type-Cポートなど高速で豊富なインターフェースを備えています。また、Mystic Light ExtensionとMystic Light Syncによりシステム内のすべてのLEDをGAMING APPあるいはモバイルデバイスからワンクリックでコントロールが可能です。

Sun, 21 Jan 2018


サイズ MUGEN4など旧型CPUクーラ対応のAM4マウンティングキット

Scytheの虎徹は「価格の割によく冷える」と評判のクーラーですが、ソケットAM4に対応していないためAM4のマウンタを購入しました。価格も低価格で、MUGEN4などScythe製のかなり古いCPUクーラにも対応しているので助かります。

Mon, 29 Jan. 2018